スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • スポンサー広告
  • | CM(-)
  • | TB(-)
  • TOP △

アニメバブルってあったのかしら?


一人前の仕事術


手描きMADもムービーも簡単に作れるアニメ制作ソフト!【デリーター ソフトウェア】アニメ制作...

アニメバブル崩壊 DVD不振、新番組も減
日本の「ソフトパワー」として期待を集めるアニメが、06年ごろをピークに作品数もDVD売り上げも減り続けている。今春の新番組も激減。関係者は「アニメバブルが崩壊し、右肩下がりの時代に入った」と話す。

制作会社などで作る日本動画協会によると、1年間に放送されるアニメ番組は00年には124本だったが、06年には過去最高の306本と急増。それが08年には288本に減った。4月開始の新番組も、06年の60本台をピークに減少に転じ、今年は30本台の見込みだ。


お兄ちゃん社長(以下兄S)
「アニメバブルってあったのかしら?って思ってちょっと気になったasahi.comのこちらの記事。グラフが結構参考になったので今回のエントリーでチョイスしてみました。
記事にもあるけど、06年でアニメの番組数が過去最高になりました。おそらくハルヒ、ひぐらし等、同人が牽引してきた流れと言っていいはず。それで、今年になって急激に落ち込んだあたりを見てみると、06年の量産でDVD等、ソフトが全く売れなかったんだと思う。それで、ようやく09年にして減産へと舵を取ったと。
この事象が生じてから体制を変える事を“三年目の正直”といいます。

ハルヒのDVDは売れたってよく聞いたけど、他は全く売れなかった。2chとかで意見を見てみると、「萌えアニメ多すぎ!」とか「エロゲ原作のアニメ多すぎ!」とか言われているけど、本当に原因はそれなんでしょうかね?

たぶんブランドが確立されたんだと思います。例えば“京アニ”ブランド。まあそらみじょは失敗だったかもしれないけど、クラナドとかけいおんでもうすでにクオリティの高いフィルムを提供してくれる制作会社という事でかなり有名になっており、OP・EDのCD売り上げを見てみるとその影響力は強力なものとなっています。

数えれば、エヴァブランド、ヤマカンブランド、赤松ブランド、ハヤテブランド、新海ブランド...etc。

どうやってブランドを作りあげればいいの?って質問には地道に一つ一つの作品を妥協する事なく作り続けることしか言えないです。でもそれってものづくりの精神として一番大事な部分だと思うわけなのです」

[tag] 通販 アニメバブル崩壊

スポンサーサイト
  • アニメ
  • CM(0)
  • TB(0)
  • TOP △

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

社員紹介

Author:お兄ちゃん社長
東京都文京区在住
妹株式会社代表取締役(予定)、30代おっさん。
多摩の某国立大学中退後、
大手出版社でディレクター&ライター
 ↓
池袋某所のITベンチャーでSEOマソ
 ↓
お台場の印刷会社でオペレーター
 ↓
秋葉原の通信機器メーカーで働いてます。
※ ゆっくりしていってね!!!

# コメント、トラックバック、リンクフリー
なんでもござれ
# テキスト・グラフィック関係の
お仕事募集中



pixiv 506495


サイト内検索

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

出勤者数

あなたは

人目の出勤者です。







side menu



imokabu: mobile

QR

ブックマーク

RSS



投書箱

名前:
メール:
件名:
本文:



Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。